医療関係者向け情報 > 製品情報一覧

(4) 項目別副作用発現頻度及び臨床検査値異常一覧

副作用発現頻度及び臨床検査値異常

○一般感染症

1)腹膜炎、腹腔内膿瘍、胆嚢炎及び胆管炎の効能追加承認申請時までの臨床試験
副作用評価可能症例数は486例で、副作用発現率は61.1%(297例)であった。主な副作用は下痢28.6%、便秘2.7%、発疹2.1%、嘔吐及び発熱1.9%、肝機能異常及び頭痛1.4%等であった。また、臨床検査値の変動は主としてALT(GPT)上昇12.6%、γ-GTP上昇9.9%、AST(GOT)上昇9.7%、好酸球増多6.4%、Al-P上昇3.7%等であった。

安全性評価対象例数486例
副作用発現例数297例
副作用発現件数665件
副作用発現症例率61.1%
副作用の種類 副作用の発現件数(%)
軽度 中等度 高度 合計
血液およびリンパ系障害1(0.2)  1(0.2)
好酸球増加症1(0.2)  1(0.2)
心臓障害2(0.4)1(0.2) 3(0.6)
心房細動 1(0.2) 1(0.2)
徐脈1(0.2)  1(0.2)
心室性期外収縮1(0.2)  1(0.2)
耳および迷路障害1(0.2)  1(0.2)
回転性めまい1(0.2)  1(0.2)
胃腸障害137(28.2)23(4.7)2(0.4)162(33.3)
腹部不快感1(0.2)1(0.2) 2(0.4)
腹痛1(0.2)  1(0.2)
上腹部痛1(0.2)  1(0.2)
口唇炎1(0.2)  1(0.2)
便秘11(2.3)2(0.4) 13(2.7)
下痢119(24.5)18(3.7)2(0.4)139(28.6)
白色便1(0.2)  1(0.2)
胃炎1(0.2)  1(0.2)
消化器痛 1(0.2) 1(0.2)
舌炎 1(0.2) 1(0.2)
麻痺性イレウス1(0.2)  1(0.2)
口腔内白斑症1(0.2)  1(0.2)
悪心6(1.2)  6(1.2)
口内炎3(0.6)1(0.2) 4(0.8)
嘔吐8(1.6)1(0.2) 9(1.9)
口唇のひび割れ1(0.2)  1(0.2)
腸管皮膚瘻1(0.2)  1(0.2)
一般・全身障害および投与部位の状態13(2.7)2(0.4)4(0.8)19(3.9)
注射部位紅斑3(0.6)  3(0.6)
注射部位疼痛1(0.2)  1(0.2)
末梢性浮腫1(0.2)  1(0.2)
発熱3(0.6)2(0.4)4(0.8)9(1.9)
口渇3(0.6)  3(0.6)
注入部位紅斑2(0.4)  2(0.4)
注射部位腫脹1(0.2)  1(0.2)
注入部位腫脹1(0.2)  1(0.2)
穿刺部位反応1(0.2)  1(0.2)
肝胆道系障害7(1.4)1(0.2) 8(1.6)
肝機能異常6(1.2)1(0.2) 7(1.4)
肝障害1(0.2)  1(0.2)
感染症および寄生虫症4(0.8)3(0.6)1(0.2)8(1.6)
体部白癬1(0.2)  1(0.2)
毛包炎  1(0.2)1(0.2)
皮膚真菌感染1(0.2)  1(0.2)
敗血症性ショック 1(0.2) 1(0.2)
皮膚カンジダ1(0.2)  1(0.2)
白癬感染1(0.2)  1(0.2)
口腔ヘルペス 2(0.4) 2(0.4)
傷害、中毒および処置合併症 1(0.2) 1(0.2)
腹部創離開 1(0.2) 1(0.2)
臨床検査164(33.7)11(2.3)11(2.3)186(38.3)
アラニン・アミノトランスフェラーゼ増加55(11.3)3(0.6)3(0.6)61(12.6)
アンモニア増加1(0.2)  1(0.2)
アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加42(8.6)3(0.6)2(0.4)47(9.7)
好塩基球数増加1(0.2)  1(0.2)
抱合ビリルビン増加1(0.2)  1(0.2)
血中ビリルビン増加7(1.4)  7(1.4)
血中クロール減少3(0.6)  3(0.6)
血中クレアチンホスホキナーゼ増加5(1.0) 1(0.2)6(1.2)
血中クレアチニン増加2(0.4)  2(0.4)
血中鉄減少1(0.2)  1(0.2)
血中乳酸脱水素酵素増加13(2.7)  13(2.7)
血中カリウム減少12(2.5)2(0.4) 14(2.9)
血中カリウム増加3(0.6)1(0.2)1(0.2)5(1.0)
血圧低下1(0.2)1(0.2) 2(0.4)
血圧上昇2(0.4)2(0.4) 4(0.8)
血中尿素増加3(0.6) 1(0.2)4(0.8)
好酸球数増加30(6.2) 1(0.2)31(6.4)
γ-グルタミルトランスフェラーゼ増加44(9.1)1(0.2)3(0.6)48(9.9)
尿中ブドウ糖陽性5(1.0)  5(1.0)
顆粒球数減少1(0.2)  1(0.2)
ヘマトクリット減少1(0.2)  1(0.2)
尿中血陽性1(0.2)  1(0.2)
ヘモグロビン減少1(0.2)  1(0.2)
肝機能検査異常9(1.9)  9(1.9)
リンパ球数減少5(1.0)  5(1.0)
リンパ球数増加1(0.2)  1(0.2)
単球数減少2(0.4)  2(0.4)
単球数増加5(1.0)  5(1.0)
好中球数減少4(0.8)1(0.2)1(0.2)6(1.2)
血小板数減少2(0.4)1(0.2) 3(0.6)
赤血球数減少1(0.2)  1(0.2)
尿中赤血球陽性5(1.0)  5(1.0)
白血球数減少9(1.9) 2(0.4)11(2.3)
血中ビリルビン減少1(0.2)  1(0.2)
杆状核好中球数増加1(0.2)  1(0.2)
後骨髄球数増加1(0.2)  1(0.2)
血小板数増加3(0.6)1(0.2) 4(0.8)
尿中蛋白陽性11(2.3)  11(2.3)
脳性ナトリウム利尿ペプチド増加1(0.2)  1(0.2)
杆状核好中球数減少1(0.2)  1(0.2)
血中アルカリホスファターゼ増加15(3.1) 3(0.6)18(3.7)
尿量減少 1(0.2) 1(0.2)
肝酵素上昇2(0.4)  2(0.4)
便潜血陽性1(0.2)  1(0.2)
リンパ球形態異常2(0.4)  2(0.4)
尿円柱陽性2(0.4)  2(0.4)
尿中ウロビリノーゲン増加6(1.2)  6(1.2)
代謝および栄養障害2(0.4)1(0.2) 3(0.6)
低カリウム血症1(0.2)1(0.2) 2(0.4)
食欲減退1(0.2)  1(0.2)
筋骨格系および結合組織障害3(0.6)1(0.2) 4(0.8)
背部痛1(0.2)  1(0.2)
筋骨格痛1(0.2)  1(0.2)
四肢痛1(0.2)  1(0.2)
横紋筋融解症 1(0.2) 1(0.2)
神経系障害8(1.6)2(0.4)2(0.4)12(2.5)
痙攣  1(0.2)1(0.2)
意識レベルの低下 1(0.2)1(0.2)2(0.4)
浮動性めまい1(0.2)  1(0.2)
頭痛6(1.2)1(0.2) 7(1.4)
傾眠1(0.2)  1(0.2)
精神障害3(0.6)  3(0.6)
不眠症3(0.6)  3(0.6)
腎および尿路障害5(1.0) 3(0.6)8(1.6)
水腎症1(0.2)  1(0.2)
頻尿2(0.4)  2(0.4)
蛋白尿1(0.2)  1(0.2)
急性腎不全  2(0.4)2(0.4)
腎機能障害1(0.2) 1(0.2)2(0.4)
呼吸器、胸郭および縦隔障害5(1.0)1(0.2)2(0.4)8(1.6)
急性呼吸窮迫症候群  1(0.2)1(0.2)
チェーン・ストークス呼吸1(0.2)  1(0.2)
咳嗽1(0.2)  1(0.2)
高炭酸ガス血症1(0.2)  1(0.2)
間質性肺疾患  1(0.2)1(0.2)
胸水1(0.2)1(0.2) 2(0.4)
肺臓炎1(0.2)  1(0.2)
皮膚および皮下組織障害22(4.5)1(0.2)4(0.8)27(5.6)
アレルギー性皮膚炎2(0.4)  2(0.4)
接触性皮膚炎1(0.2)  1(0.2)
おむつ皮膚炎1(0.2)  1(0.2)
薬疹1(0.2)1(0.2)1(0.2)3(0.6)
湿疹2(0.4)  2(0.4)
紅斑5(1.0)  5(1.0)
紅色汗疹1(0.2)  1(0.2)
そう痒症3(0.6)  3(0.6)
発疹7(1.4) 3(0.6)10(2.1)
蕁麻疹2(0.4)  2(0.4)
血管障害9(1.9)  9(1.9)
潮紅1(0.2)  1(0.2)
低血圧1(0.2)  1(0.2)
静脈炎2(0.4)  2(0.4)
血管炎1(0.2)  1(0.2)
血管障害4(0.8)  4(0.8)
注)副作用の分類別小計は症例数

2)使用成績調査(敗血症、肺炎、腎盂腎炎、複雑性膀胱炎)

安全性評価対象例数3,626例
副作用発現例数283例
副作用発現件数317件
副作用発現症例率7.80%
副作用等の種類副作用の
発現症例数
(%)
重症度転帰*
軽度中等度重度軽快・回復未回復
感染症および寄生虫症
クロストリジウム・ディフィシレ大腸炎1(0.03)1  1 
偽膜性大腸炎6(0.17)51 6 
血液およびリンパ系障害
汎血球減少症2(0.06) 2 11
血小板減少症1(0.03)  11 
代謝および栄養障害
低血糖症1(0.03)  11 
低カリウム血症2(0.06)2  2 
神経系障害
味覚異常1(0.03)1  1 
感覚鈍麻1(0.03)1  1 
心臓障害
右室不全1(0.03)1    
呼吸器、胸郭および縦隔障害
間質性肺疾患1(0.03)  1 1
胃腸障害
下痢88(2.43)7315 871
血便排泄1(0.03)1  1 
悪心3(0.08)21 21
口内炎1(0.03)1  1 
嘔吐1(0.03)1  1 
肝胆道系障害
肝機能異常63(1.74)5481515
肝障害28(0.77)1810 223
皮膚および皮下組織障害
薬疹6(0.17)33 6 
紅斑2(0.06)2  2 
発疹18(0.50)153 18 
全身性皮疹1(0.03)1  1 
蕁麻疹1(0.03)1  1 
中毒性皮疹1(0.03)1  1 
腎および尿路障害
腎障害6(0.17)32151
腎不全2(0.06)  2 2
急性腎不全2(0.06)  2 2
腎機能障害11(0.30)92 10 
一般・全身障害および投与部位の状態
悪寒1(0.03)1  1 
浮腫1(0.03)1  1 
発熱5(0.14)41 5 
臨床検査
アラニンアミノトランスフェラーゼ増加9(0.25)81 81
アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加7(0.19)61 7 
血中クレアチニン異常1(0.03)1   1
血中クレアチニン増加9(0.25)63 7 
血中乳酸脱水素酵素増加1(0.03)1  1 
血中カリウム減少5(0.14)41 5 
血中カリウム増加1(0.03)1  1 
血中尿素増加1(0.03)1  1 
好酸球数増加4(0.11)31 22
γ-グルタミルトランスフェラーゼ増加3(0.08)3  11
顆粒球数減少1(0.03)1  1 
好中球数減少1(0.03)1  1 
血小板数減少5(0.14)2215 
白血球数減少8(0.22)71 6 
血中アルカリホスファターゼ増加2(0.06)2  11
*不明除くMedDRA/J version(17.0)

3)特定使用成績調査(小児における安全性および有効性の検討)
(敗血症、肺炎、腎盂腎炎、複雑性膀胱炎)

安全性評価対象例数537例
副作用等の発現例数88例
副作用等の発現件数100件
副作用等の発現症例率16.4%
副作用等の種類副作用等の種類別発現症例(件数)率(%)
胃腸障害64(11.9)
便秘1(0.2)
下痢63(11.7)
肛門周囲痛1(0.2)
口内炎1(0.2)
嘔吐1(0.2)
肝胆道系障害11(2.0)
肝機能異常7(1.3)
肝障害4(0.7)
皮膚および皮下組織障害10(1.9)
そう痒症1(0.2)
発疹7(1.3)
蕁麻疹2(0.4)
全身紅斑1(0.2)
筋骨格系および結合組織障害1(0.2)
関節痛1(0.2)
一般・全身障害および投与部位の状態2(0.4)
発熱2(0.4)
臨床検査6(1.1)
アラニンアミノトランスフェラーゼ増加2(0.4)
アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加2(0.4)
好中球数減少2(0.4)
血小板数減少1(0.2)
トランスアミナーゼ上昇1(0.2)

注:同一の副作用・感染症が同一症例で繰り返し認められた場合には、1件とする。

MedDRA/J version(17.0)

○発熱性好中球減少症

臨床試験における副作用評価可能症例数は129例で、副作用発現率は41.1%(53例)であった。主な副作用は下痢11.6%、肝機能異常7.8%、低カリウム血症5.4%、発疹3.1%、腎機能障害2.3%等であった。また、臨床検査値の変動は主としてγ-GTP上昇6.2%、クレアチニン上昇3.1%、ALT(GPT)上昇2.3%等であった。

安全性評価対象例数129例
副作用発現例数53例
副作用発現件数73件
副作用発現症例率41.1%

<成人(117例)>

副作用の種類発現件数(%)
最高発現グレード※1
全体12345
代謝および栄養障害 7(6.0)   1(0.9) 5(4.3) 1(0.9)  
痛風 1(0.9)   1(0.9)      
低カリウム血症 7(6.0)   1(0.9) 5(4.3) 1(0.9)  
呼吸器,胸郭および縦隔障害 2(1.7)   1(0.9) 1(0.9)    
間質性肺疾患 2(1.7)   1(0.9) 1(0.9)    
胃腸障害 14(12.0) 6(5.1) 4(3.4) 4(3.4)    
下痢 13(11.1) 6(5.1) 3(2.6) 4(3.4)    
悪心 1(0.9)   1(0.9)      
口内炎 1(0.9)   1(0.9)      
肝胆道系障害 11(9.4) 3(2.6) 3(2.6) 5(4.3)    
肝機能異常 10(8.5) 3(2.6) 3(2.6) 4(3.4)    
肝障害 1(0.9)     1(0.9)    
皮膚および皮下組織障害 8(6.8) 6(5.1) 2(1.7)      
紅斑 1(0.9) 1(0.9)        
発疹 4(3.4) 4(3.4)        
全身性皮疹 1(0.9) 1(0.9)        
顔面腫脹 1(0.9)   1(0.9)      
慢性蕁麻疹 1(0.9)   1(0.9)      
腎および尿路障害 3(2.6) 3(2.6)        
腎機能障害 3(2.6) 3(2.6)        
一般・全身障害および投与部位の状態 1(0.9)   1(0.9)      
発熱 1(0.9)   1(0.9)      
臨床検査 16(13.7) 9(7.7) 4(3.4) 3(2.6)    
アラニンアミノトランスフェラーゼ増加 3(2.6) 2(1.7) 1(0.9)      
アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ増加 2(1.7) 2(1.7)        
血中ビリルビン増加 1(0.9)   1(0.9)      
血中クレアチニン増加 4(3.4) 4(3.4)        
γ-グルタミルトランスフェラーゼ増加 8(6.8) 3(2.6) 3(2.6) 2(1.7)    
尿中蛋白陽性 1(0.9) 1(0.9)        
血中アルカリホスファターゼ増加 1(0.9) 1(0.9)        
肝酵素上昇 2(1.7) 1(0.9)   1(0.9)    

<小児(12例)>

副作用の種類発現件数(%)
最高発現グレード※1
全体12345
胃腸障害 2(16.7) 1(8.3) 1(8.3)      
下痢 2(16.7) 1(8.3) 1(8.3)      
臨床検査 1(8.3) 1(8.3)        
血中尿酸減少 1(8.3) 1(8.3)        

注)副作用の分類別小計は症例数
※1 グレードの判定はCTCAE Ver.4.03に準じた

 

(5) 基礎疾患、合併症、重症度及び手術の有無等背景別の副作用発現頻度

○一般感染症

1)腹膜炎、腹腔内膿瘍、胆嚢炎及び胆管炎の効能追加承認申請時までの臨床試験

項目承認時
(2008年7月)
腹腔内感染症
効能追加承認
申請時
合計
対象
患者数
副作用発現
例数(%)
対象
患者数
副作用発現
例数(%)
対象
患者数
副作用発現
例数(%)
性別252156(61.9)6039(65.0)312195(62.5)
13479(59.0)4023(57.5)174102(58.6)
年齢
(歳)

成人

<65

12175(62.0) 5030(60.0) 171105(61.4)

≧65

199119(59.8)5032(64.0)249151(60.6)

小児

<2

2618(69.2)    

2~<6

3217(53.1)    

6~<16

86(75.0)    
体重
(kg)
<5017198(57.3)3323(69.7)204121(59.3)
50~<70178113(63.4)5131(60.8)229144(62.9)
≧703724(64.9)158(53.3)5232(61.5)
不明  10  
1日
投与回数
(回)
27230(41.7)    
3287182(63.4)10062(62.0)387244(63.0)
42723(85.2)    
感染症名敗血症2320(87.0)    
肺炎284180(63.4)    
尿路感染症 7935(44.3)    
腎盂腎炎 4727(57.4)    
複雑性膀胱炎328(25.0)    
腹膜炎  4026(65.0)  
腹腔内膿瘍  3422(64.7)  
胆嚢炎  2011(55.0)  
胆管炎  52(40.0)  
その他(子宮留膿腫)  11(100)  
感染症
重症度
軽症1210(83.3)    
中等症260168(64.6)    
重症3320(60.6)    
不明 *18137(45.7)    
投与期間
(日)
1~7222123(55.4)8147(58.0)303170(56.1)
8~14159107(67.3)1713(76.5)176120(68.2)
15~2144(100) 2 2(100) 7 7(100)
≧2211(100)
投与終了後  10017(17.0)  
Ccr *2
推定値
(mL/min)
<4043(75.0)    
40~<6010964(58.7)    
60~<809255(59.8)    
≧8011572(62.6)    
*1 UTI薬効評価基準(第4版暫定案)を用いた尿路感染症は感染症重症度判定がないため不明とした。
*2 小児感染症については、Cockcroft & Gault式に当てはめることができないため成人領域のみで集計。
   (敗血症試験、肺炎3試験、複雑性尿路感染症試験及び小児感染症試験の統合解析)
項目承認時
(2008年7月)
腹腔内感染症
効能追加承認
申請時
合計
対象
患者数
副作用発現
例数(%)
対象
患者数
副作用発現
例数(%)
対象
患者数
副作用発現
例数(%)
基礎疾患・
合併症の有無
  33(100)  
  9759(60.8)  
抗菌薬の治療歴*3
の有無
  3117(54.8)  
  6945(65.2)  
既往歴*4の有無  5136(70.6)  
  4926(53.1)  
薬剤アレルギー
既往歴の有無
  9559(62.1)  
  53(60.0)  
薬剤以外のアレル
ギー既往歴の有無
  7847(60.3)  
  2215(68.2)  
併用薬剤*5,*6の
有無
  0 0  
  10062(62.0)  
手術又はドレーン
の有無
  63(50.0)  
  9459(62.8)  
手術又はドレーン
の実施時期*7
本剤投与開始前  128(66.7)  
本剤投与開始時  8251(62.2)  
*3 本剤投与前7日以内の治療歴。
*4 当該疾患に影響を及ぼすと思われる既往歴。
*5 投与目的が本剤点滴用に使用された薬剤を除く。
*6 本剤投与期間中の投薬・治療の有無。
*7 本剤投与開始±1日に手術又はドレナージを実施した症例は、実施時期を本剤投与開始時として取り扱った。

2)使用成績調査(敗血症、肺炎、腎盂腎炎、複雑性膀胱炎)

項目 対象患者数 副作用発現例数(%)
性別 2249 195( 8.7)
1376  88( 6.4)
妊娠
(15歳以上65歳未満の女性のみ)
314  28( 8.9)
7   0( 0.0)
不明 1   0( 0.0)
年齢[歳]     <15 3   0( 0.0)
15≦  <65 769  85(11.1)
65≦ 2854 198( 6.9)
感染症診断名 肺炎 2467 214( 8.7)
 院内肺炎 665  51( 7.7)
 市中肺炎 1802 163( 9.0)
腎盂腎炎 605  27( 4.5)
複雑性膀胱炎 151  10( 6.6)
敗血症 217  15( 6.9)
その他 180  17( 9.4)
複数診断 4   0( 0.0)
不明 2   0( 0.0)
感染症重症度(医師判断) 軽症 711  51( 7.2)
中等症 2155 172( 8.0)
重症 739  60( 8.1)
不明 21   0( 0.0)
基礎疾患 840  57( 6.8)
2784 226( 8.1)
不明 2   0( 0.0)
合併症 1452 104( 7.2)
2171 179( 8.2)
不明 1   0( 0.0)
投薬前肝機能障害(医師判断) 2876 203( 7.1)
730  80( 11.0)
 軽度異常 590  69(11.7)
 中等度異常 120  10( 8.3)
 高度異常 20   1( 5.0)
不明 20   0( 0.0)
投薬前腎機能障害(医師判断) 2848 221( 7.8)
751  61( 8.1)
 軽度異常 467  47(10.1)
 中等度異常 216  14( 6.5)
 高度異常 68   0( 0.0)
不明 27   1( 3.7)
特記すべき既往歴 2637 198( 7.5)
899  80( 8.9)
不明 90   5( 5.6)
医薬品副作用歴・アレルギー歴:薬剤 3344 247( 7.4)
143  27(18.9)
不明 139   9( 6.5)
医薬品副作用歴・アレルギー歴:その他 3275 254( 7.8)
180  18(10.0)
不明 171  11( 6.4)
本剤投薬直前の抗菌薬治療 2495 176( 7.1)
1081 103( 9.5)
不明 50   4( 8.0)
併用薬剤 492  28( 5.7)
3134 255( 8.1)
併用療法 2642 188( 7.1)
982  94( 9.6)
不明 2   1(50.0)
他の抗菌薬との併用 2976 226( 7.6)
650  57( 8.8)
最大一日投薬量[g] 4.5 96   5( 5.2)
9.0 1189  65( 5.5)
13.5 2108 189( 9.0)
18.0 150  16(10.7)
その他 83   8( 9.6)
総投薬量[g]     <45 570  39( 6.8)
 45≦  <90 1375  92( 6.7)
 90≦  <135 942  84( 8.9)
135≦  <180 440  38( 8.6)
180≦ 299  30(10.0)
総投薬日数[日]     <3 102   6( 5.9)
 3≦  <6 1011  66( 6.5)
 6≦  <11 1730 142( 8.2)
11≦  <15 607  45( 7.4)
15≦  <22 145  17(11.7)
22≦ 31   7(22.6)

*未記載を除く。

3)特定使用成績調査(小児における安全性および有効性の検討)
(敗血症、肺炎、腎盂腎炎、複雑性膀胱炎)

項目 対象患者数 副作用発現例数(%)
性別 281 47( 16.7)
256 41( 16.0)
入院外来区分 入院 533 87( 16.3)
外来 4  1( 25.0)
年齢(1)     <生後4週 11  1(  9.1)
 4週≦  <1歳 75 13( 17.3)
 1歳≦  <2歳 108 25( 23.1)
 2歳≦  <6歳 197 26( 13.2)
 6歳≦  <12歳 107 16( 15.0)
12歳≦ 39  7( 17.9)
年齢(2) 2歳未満 194 39( 20.1)
2歳以上 343 49( 14.3)
感染症診断名 肺炎 348 55( 15.8)
 院内肺炎 42  2(  4.8)
 市中肺炎 306 53( 17.3)
腎盂腎炎 45  8( 17.8)
複雑性膀胱炎 6  1( 16.7)
敗血症 90 16( 17.8)
その他 48  8( 16.7)
 感染性疾患 5  0(  0.0)
 炎症性疾患 8  1( 12.5)
 発熱性好中球減少症 26  6( 23.1)
 発熱 2  1( 50.0)
 その他 7  0(  0.0)
感染症重症度(医師判断) 軽症 71 13( 18.3)
中等症 371 61( 16.4)
重症 95 14( 14.7)
投薬開始前の手術の有無 509 82( 16.1)
27  5( 18.5)
不明 1  1(100.0)
基礎疾患(感染症に関係する疾患) 251 45( 17.9)
286 43( 15.0)
合併症(感染症に関係しない疾患) 337 46( 13.6)
200 42( 21.0)
投薬前肝機能障害 468 73( 15.6)
68 15( 22.1)
 軽度異常 58 13( 22.4)
 中等度異常 9  2( 22.2)
 高度異常 1  0(  0.0)
不明 1  0(  0.0)
投薬前腎機能障害 525 86( 16.4)
12  2( 16.7)
 軽度異常 7  2( 28.6)
 中等度異常 1  0(  0.0)
 高度異常 4  0(  0.0)
特記すべき既往歴 465 74( 15.9)
69 14( 20.3)
不明 3  0(  0.0)
医薬品副作用・アレルギー歴(薬剤) 507 82( 16.2)
20  3( 15.0)
不明 10  3( 30.0)
医薬品副作用・アレルギー歴(その他) 449 73( 16.3)
75 12( 16.0)
不明 13  3( 23.1)
本剤投薬直前(1週間以内)の抗菌薬治療 283 45( 15.9)
239 41( 17.2)
不明 15  2( 13.3)
併用薬剤 22  2(  9.1)
515 86( 16.7)
併用療法 428 71( 16.6)
109 17( 15.6)
最大一日投薬量[mg/kg]       <225.0 24  2(  8.3)
225.0≦  <337.5 221 35( 15.8)
337.5≦  <450.0 284 48( 16.9)
450.0≦ 7  3( 42.9)
不明 1  0(  0.0)
総投薬量[g]      <22.5 275 48( 17.5)
22.5≦  <45.0 161 25( 15.5)
45.0≦  <67.5 55  8( 14.5)
67.5≦  <90.0 27  4( 14.8)
90.0≦ 18  3( 16.7)
不明 1  0(  0.0)
総投薬日数[日]     <3 17  4( 23.5)
 3≦  <6 220 38( 17.3)
 6≦  <11 253 40( 15.8)
11≦  <15 35  6( 17.1)
15≦  <22 9  0(  0.0)
22≦ 3  0(  0.0)

○発熱性好中球減少症

<成人>

項目 対象患者数 副作用発現例数(%)
性別 72 36(50.0)
45 15(33.3)
年齢(歳) 65未満 76 37(48.7)
65以上 41 14(34.1)
体重(kg) 40未満 10 3(30.0)
40以上50未満 16 6(37.5)
50以上60未満 48 19(39.6)
60以上70未満 27 16(59.3)
70以上80未満 15 7(46.7)
80以上90未満 0
90以上100未満 1 0(0)
リスク分類 低リスク群 87 37(42.5)
高リスク群 29 14(48.3)
不明 1 0(0)
投与開始前のPS 0 39 14(35.9)
1 59 25(42.4)
2 11 7(63.6)
3 8 5(62.5)
4 0
造血器腫瘍・固形腫瘍等の臨床診断名 悪性リンパ腫 37 17(45.9)
白血病 65 27(41.5)
MDS+myeloid sarcoma 1 0(0)
Myeloid sarcoma 1 0(0)
甲状腺癌 1 0(0)
MDS 4 2(50.0)
前立腺癌 1 1(100)
多発性骨髄腫 6 3(50.0)
中咽頭癌 1 1(100)
今回のFNに対する前治療 6 3(50.0)
111 48(43.2)
今回のFNに対する前治療の種類別有無 抗菌薬(経口、予防投与を含む) 65 27(41.5)
52 24(46.2)
抗菌薬(注射、予防投与を含む) 101 45(44.6)
16 6(37.5)
抗真菌薬(予防投与を含む) 29 12(41.4)
88 39(44.3)
抗ウィルス薬(予防投与を含む) 94 40(42.6)
23 11(47.8)
ST合剤(予防投与を含む) 60 23(38.3)
57 28(49.1)
G-CSF又はM-CSF 71 28(39.4)
46 23(50.0)
上記以外 111 47(42.3)
6 4(66.7)
合併症 3 0(0)
114 51(44.7)
併用薬剤 0
117 51(43.6)
併用薬剤の種類別有無 抗菌薬(経口、予防投与を含む) 100 45(45.0)
17 6(35.3)
抗菌薬(注射、予防投与を含む) 109 46(42.2)
8 5(62.5)
抗真菌薬(予防投与を含む) 27 11(40.7)
90 40(44.4)
抗ウィルス薬(予防投与を含む) 93 40(43.0)
24 11(45.8)
ST合剤(予防投与を含む) 62 24(38.7)
55 27(49.1)
G-CSF又はM-CSF 69 27(39.1)
48 24(50.0)
上記以外 0
117 51(43.6)
併用療法(薬剤以外の療法) 99 42(42.4)
18 9(50.0)

発現割合(%)=発現例数/解析対象例数×100
PS:全身状態
MDS:骨髄異形成症候群
FN:発熱性好中球減少症
ST:Sulfamethoxazole/trimethoprim
G-CSF:顆粒球コロニー刺激因子
M-CSF:マクロファージコロニー刺激因子

 

このサイトをご利用いただくための注意事項です。必ずお読みください。

このサイトは、国内の医師・歯科医師・薬剤師等の医療関係者を対象に、医療用医薬品や医療機器等を適正にご使用いただくための情報を提供しています。

一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。
医療用医薬品や医療機器は、患者さま独自の判断で使用(服用など)したり、中止したり、あるいは用法・用量を変えたりすると危険な場合がありますのでご注意ください。 使用(服用など)している医療用医薬品や医療機器について疑問を持たれた場合には、治療に当たられている医師・歯科医師又は調剤された薬剤師に必ず相談してください。

あなたは医療関係者ですか?

はいいいえ