アルボ錠100mg・200mg

項目別副作用発現頻度及び臨床検査値異常一覧

承認時及び使用成績調査
[再審査期間:昭和60年(1985年) 8月22日~平成 3年(1991年) 8月21日]


承認時迄の調査使用成績調査合     計
解析対象例数2518
41269
43787
副作用発現症例数181(7.19%)390(0.95%)571(1.30%)
副作用発現件数214(8.50%)434(1.05%)648(1.48%)

内訳(件数)









胃・腹痛42(1.67%)85(0.20%)127(0.29%)
胃・腹部不快感38(1.51%)86(0.21%)124(0.28%)
嘔気・嘔吐14(0.56%)30(0.07%)44(0.10%)
食欲不振12(0.48%)20(0.05%)32(0.07%)
胃腸障害2(0.08%)26(0.06%)28(0.06%)
便秘9(0.36%)16(0.04%)25(0.06%)
下痢3(0.12%)15(0.04%)18(0.04%)
胃炎2(0.08%)14(0.03%)16(0.04%)
胃重感6(0.24%)5(0.01%)11(0.03%)
胸やけ3(0.12%)7(0.02%)10(0.02%)
胃・腹部膨満感3(0.12%)4(0.01%)7(0.02%)
胃部灼熱感

1(0.00%)1(0.00%)
悪心

1(0.00%)1(0.00%)
むかつき

1(0.00%)1(0.00%)
タール便

1(0.00%)1(0.00%)
十二指腸潰瘍悪化

1(0.00%)

小     計134(5.32%)313(0.76%)447(1.02%)






発疹15(0.60%)47(0.11%)62(0.14%)
かゆみ3(0.12%)3(0.01%)6(0.01%)
発赤1(0.04%)3(0.01%)4(0.01%)
薬疹

2(0.00%)2(0.00%)
蕁麻疹

1(0.00%)1(0.00%)
皮膚炎1(0.04%)

1(0.00%)
小   計20(0.79%)56(0.14%)76(0.17%)




眠気7(0.28%)6(0.01%)13(0.03%)
めまい3(0.12%)4(0.01%)7(0.02%)
頭痛4(0.16%)2(0.00%)6(0.01%)
ふらふら感1(0.04%)3(0.01%)4(0.01%)
不眠

1(0.00%)1(0.00%)
心悸亢進

1(0.00%)1(0.00%)
小   計15(0.60%)17(0.04%)32(0.07%)



ALT(GPT)の上昇7(0.28%)2(0.00%)9(0.02%)
AST(GOT)の上昇4(0.16%)3(0.01%)7(0.02%)
Al-Pの上昇1(0.04%)

1(0.00%)
肝機能悪化

1(0.00%)1(0.00%)
小   計12(0.48%)6(0.01%)18(0.04%)










浮腫・腫脹12(0.48%)20(0.05%)32(0.07%)
口内炎9(0.36%)9(0.02%)18(0.04%)
舌の荒れ2(0.08%)2(0.00%)4(0.01%)
口渇・口内乾燥1(0.04%)3(0.01%)4(0.01%)
胸部圧迫感1(0.04%)1(0.00%)2(0.00%)
霞目1(0.04%)1(0.00%)2(0.00%)
けん怠感1(0.04%)1(0.00%)2(0.00%)
発汗1(0.04%)

1(0.00%)
耳鳴り1(0.04%)

1(0.00%)
気分不快1(0.04%)

1(0.00%)
尿混濁1(0.04%)

1(0.00%)
頻尿

1(0.00%)1(0.00%)


1(0.00%)1(0.00%)
結膜充血

1(0.00%)1(0.00%)
唾液増加

1(0.00%)1(0.00%)
顔面熱感

1(0.00%)1(0.00%)
尿沈渣1(0.04%)

1(0.00%)
*白血球減少1(0.04%)

1(0.00%)
小   計33(1.31%)42(0.10%)75(0.17%)

*急性上気道炎に3日間投与した例であり、医師は因果関係を「どちらともいえない」としており、偶発的なものと判断され、副作用としては「使用上の注意」に記載されていない。

 

このサイトをご利用いただくための注意事項です。必ずお読みください。

このサイトは、国内の医師・歯科医師・薬剤師等の医療関係者を対象に、医療用医薬品や医療機器等を適正にご使用いただくための情報を提供しています。

一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。
医療用医薬品や医療機器は、患者さま独自の判断で使用(服用など)したり、中止したり、あるいは用法・用量を変えたりすると危険な場合がありますのでご注意ください。 使用(服用など)している医療用医薬品や医療機器について疑問を持たれた場合には、治療に当たられている医師・歯科医師又は調剤された薬剤師に必ず相談してください。

あなたは医療関係者ですか?

はいいいえ